Sponsored Links

ケミストリー 不仲が活動休止の理由?現在の活動や今後の再開はどうなる?

Pocket

CHEMISTRY(ケミストリー) 不仲が活動休止の理由?現在の活動や今後の再開はどうなる?

51xqRmQy9kL
皆さんこんにちは(・ω・)っ旦

今回は、絶大な人気を誇ったCHEMISTRY(ケミストリー)について書いてみます♪

  • CHEMISTRY(ケミストリー) 不仲が活動休止の理由?
  • 現在の活動は?
  • 今後の再開はどうなる?
Sponsored Links


最後までごゆっくりどうぞ(・ω・)っ旦

 

CHEMISTRY(ケミストリー)不仲が活動休止の理由?

 

2001年に衝撃デビューをし、第一線で走り続けてきたCHEMISTRY(ケミストリー)ですが、

2012年に活動休止をしています。

Sponsored Links



その理由として、公式サイト等のコメントでは、お互いがパワーアップするため

ソロ活動を行うという旨の内容で公表されていますね。

 

よくあるパターンの活動休止理由なので、もしかすると

公表出来ない何かの理由が有るんじゃないか?と言われています。

 

その中でも有力なのが「不仲説」です。

 

元々、ASAYANというオーディション番組で結成することになった

CHEMISTRY(ケミストリー)ですが、二人はお互いの第一印象が良くなかった

と話していました。

 

さらに、もともとタイプも真逆という感じでしたので、

性格なども合わないのではないかと言われていました。

 

皮肉なことに、そのアンバランスさがハーモニーになると化学反応を起こしていたのにね…。

この不仲説はデビューしてから数年で浮上していたので、もしかすると

多少なり関係しているかも知れませんね。

 

CHEMISTRY(ケミストリー)といえば、男性R&Bの全盛時代と言われた2000年前半に

大きく活躍していましたね。

 

デビューしてからトリプルミリオンを記録するなど、日本音楽シーンに大きな衝撃をもたらしました。

pieces_of_a_dream
甘いルックスと歌声で、恋人にしたい歌手ランキングでも上位の常連だった堂珍嘉邦さん

ワイルドでパワフルな歌声と、ブラックカルチャーの格好をし、男性からの支持が高かった川畑要さん

この両極端な二人がいざハーモニーを奏でると、本当に鳥肌モノでした。

 

デビューしてから2年くらいが”超”全盛期という感じでしたが、その背景には

やはり“松尾潔”さんの存在が大きくあったと思います。

 

松尾潔さんは主にブラックミュージックのプロデュースを多くしており、

その楽曲は久保田利伸さん、平井堅さん、EXILE、三代目J Soul Brothers、JUJUさん等、

にも提供されています。

名曲の裏に松尾潔有り!といったところでしょうか。

94dd500ed2e92c338ddc69ee93e7ea8a
そんな松尾潔さんはASAYAN時代から2002年まで二人のプロデュースを手掛け、

人気の地位を確立させていました。

 

私もこの頃の楽が特に大好きで、今でもよく聴きます。

 

2003年頃からはセルフプロデュースへと移行していきます。

極端にとは言えませんが、この頃から徐々に

オリコンランキングの順位も落ちていった様に思います。

 

おそらく女性から絶大な支持があった堂珍嘉邦さんの結婚による女性ファン離れや、

デビュー当初のような衝撃的な楽曲の減少なども有るでしょうね。

 

それでも二人の歌唱力は進化し続けていましたが…。

 

2010年には「CHEMISTRY + Synergy」というユニット名で

ダンサーを起用し、世界的に流行しているダンスミュージックのジャンルにも

チャレンジしていました。

 

でも二人の本当の武器は「バラード」と「ハーモニー」だと私は思うんです。

同系統のダンスミュージックならEXILEや三代目JSBの方が、正直”カッコ良さ”を感じますが、

バラードのハーモニーという部分は本当に日本音楽界のトップに値する様な気さえします。

 

歌唱力はあっても、結局はどんな楽曲に巡りあうかで大きく左右されますよね…。

まだまだ魅力たっぷりなので二人での活動をもっと見たかったと思います…。

 

★オススメ関連記事★

ATSUSHIのサングラスをかける理由が意外w性格や彼女は?女癖が酷い噂?

長瀬智也の全盛期がカッコいいと話題に!性格は天然?アメカジファッションがオシャレと注目♪

松浦亜弥の全盛期と現在の差…劣化が凄い?実は歌唱力が抜群?スガシカオから絶賛され注目!

 

現在の活動は?

 

現在、二人はそれぞれ全く違ったジャンルで音楽活動をしています。

 

川畑要さんは音楽番組にも積極的に出演しており、TVドラマで俳優としても活動中です。

 

音楽の面では、ブラックミュージックのR&Bや、流行りのダンスミュージックの楽曲が多く、

CHEMISTRY(ケミストリー)の時代の延長にあるジャンルとなっています。

川畑要さんはもともとブラックミュージックが好きでしたので、Ne-yoさんの様なダンスミュージックも

きっと合っていると思います。

ダンスのスキルもよりカッコよくなっています!

 

こちらは川畑要さんのソロ曲のPVです。



 

個人的にはめっちゃかっこ良くて好きです!笑

 

一方、堂珍嘉邦さんですが、現在は”ロック”のジャンルで音楽活動をしています。

CHEMISTRY(ケミストリー)時代とは全く違ったジャンルでしょうか。

本当にやりたいジャンルが”ロック”だったなら、R&Bテイストな楽曲を

歌い続けるのは本当の堂珍嘉邦さんではなかったのかもしれませんね。。。

 

でもあの歌唱力は健在で、本当に華やかな声です。

 

お二人とも精力的に活動していますので、ソロ活動の方も是非チェックして下さいね!

 

今後の再開はどうなる?

 

現在はそれぞれのソロ活動に没頭しており、CHEMISTRY(ケミストリー)としての

活動再開は不透明なままです。

 

パワーアップした二人での活動再開は本当に楽しみで仕方ないですね。

 

個人的な願望としましては、やはりEXILE ATSUSHIさんと一緒に歌った姿を

見てみたいと強く思っております。

ATSUSHI
ASAYANオーディション時代には人気ナンバーワンと言われた

「佐藤篤志×堂珍嘉邦コンビ」

相思相愛とまで言われた

「佐藤篤志×川畑要コンビ」

 

この三人が新たな化学反応を起こすとなると、

それはもうワクワクが収まりませんね。

 

さらに楽曲提供プロデュースが松尾潔さんときたらどうでしょう。

 

最強ではありませんか?笑

 

CHEMISTRY(ケミストリー)再起のカギを握るのは

「EXILE ATSUSHIさん」と「松尾潔さん」にアリ!と個人的に思っております。

 

CHEMISTRY(ケミストリー)という全く声の違う二人が

奏でるハーモニーは心地よく、奇跡の化学反応です。

 

活動再開はいつになるかわかりませんが、ずっとそのハーモニーを

日本中に届けて欲しいですね。

本当に待っています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました(・ω・)っ旦

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ